お出かけ

【口コミ】子供を連れてラグナシアプールと海上ウォーターパークへ行ってきました♡

こんにちは、toshiです!

 

私の地元蒲郡にあるラグナシアの浜辺に、夏限定で「ビーチパーク」と「海上ウォーターパーク」が作られます。

本物の海の上に風船のアスレチックみたいなものが浮かび、そこで遊べるんです。

 

とってもおもしろそうですよね。

海上ウォーターパークは10歳以上でないと遊べないので、私は下の子と浜辺の「ビーチパーク」で遊びながらお留守番。

姉と姉の子2人、うちの上の子の計4人が「海上ウォーターパーク」へ参加してきました。

 

「ラグナシアプール」 開園1時間前から並びます♡

今回は「ラグナシアのプール」と「ビーチパーク」「海上ウォーターパーク」で遊ぶのでラグナシアの駐車場へ車を停めました。

 

行ったのはお盆の8月14日。

朝7:15頃に着きましたが、駐車場もパークの入り口に近い方はすでにたくさんの車が停まっていて、パーク入り口には並んでいる人の列ができていました。

 

よっぽど早く行けば前の方に数個パラソルがありますが、待つ場所に日陰がまったくないので日傘必須です。

昨年もオープンまで1時間ほど並んだのですが、その時は中学生位の女の子が2人熱中症で倒れたり、嘔吐したりしていました。

 

シート、日傘、スポーツドリンク、首に巻く冷えるタオル、携帯扇風機など、熱中症対策をしっかりして並んでくださいね。

 

私達が並んでいる間に、姉がチケットを買ってきてくれました。

プールバンドをもらってくるので、一人ひとつ手首に巻きます。

 

「ラグアシアプール」 園内へ入場したらロッカーへ♡

入場したら広場で右に曲がって日陰の店内通路を通ってロッカーまで行くと涼しいですよ。

引用:ラグーナテンボスHP より

まずはロッカーを確保しましょう。

私達はいつも昼頃には帰るのですが、昼頃ロッカーへ行くとロッカーを探して歩きまわっている人をたくさん見かけます。

 

無事ロッカーを確保したら、次は必要なものを持って海上ウォーターパークへ向かいます。

ラグナシアのプール内だけで遊ぶのなら履物はいりませんが、ラグーナビーチへ行くまでに履物が必要です。

 

私達も、スマホ、タオル、飲み物、履物、帽子、お金を持ってラグーナビーチへ移動しました。

 

引用:ラグーナテンボスHP より

 

ラグナシアの緑地ゲートから、係の人に再入場スタンプを押してもらって出ます。

信号を渡りラグーナビーチへ移動します。

 

「ラグナシアプール」 ビーチパークの持ち物♡

海上ウォーターパークは10歳以上からなので、下の子(年長)は私と浜辺でお留守番。

お留守番と言っても、ビーチパークでも充分遊べますよ。

 

ラグナシアのプール付チケットを持っていればビーチパークは無料で遊べます。

こういうパラソルの日陰も少しあります。

上の写真左に写っている透明の浮き輪に下の子と二人で座って滑り台を滑ったのですが、なぜかくるくる回転して目が回りそうでした。

 

この迷彩模様の遊具は二人同時に進めるので、下の子と隣同士で進んでいきました。

中は坂を登ったり、滑り台を滑ったり、穴をくぐったりするのがあって楽しかったです。

下の子もとっても楽しんでいました。

 

上写真奥の大きな滑り台はオープンしてすぐはできたのですが、この日は台風が近づいていたため30分くらいで強風の為中止になってしまいました。

すぐ空気を抜いてしぼんでいきました。

 

下の子は、手前に見える赤と黄色のプールで楽しく遊んでいましたよ。

白、黄色、青のアーチが見えますが、これも空気入った風船でプールの中に浮いています。

 

下の子はその下をくぐって潜って遊んでいたのですが、他の子がその風船にぶつかる度に大きく動いて、潜っている子供がぷは~っと出てきた時の出口を塞いでしまいそうで少し不安を感じました。

必ず大人が子供から目を離さないようにしてください。

 

上写真の左手に見える黄色の遊具は「小学4年生以上」と書いてあり下の子は出来ませんでした。

最後に高い所からジャンプして降りるからかなと思いました。

 

遊具で遊ぶ以外にも浜辺の貝を拾ったりしていました。

砂浜で砂遊びをしてもいいですね。

 

「ラグナシアプール」 海上ウォーターパーク体験談♡

海上ウォーターパークで遊ぶには、さら500円から700円が必要になります。

 

引用:ラグーナテンボスHP より

 

まず受付で同意書を書き、お金を払います。

1回30分です。

時間になったら受付の辺りに集合し、救命胴衣を来て海辺の方へ移動。

係の人の説明をよく聞いて、一列になって海に浮かんだ通路を渡っていきます。

姉は「通路から海に落ちたらどうしよ~。」と心配していましたが、誰も落ちずに皆無事に渡りきっていました。(笑)

思っていたより海から離れていてどんな風に遊んでいるのか全然見えませんでした。

30分して戻ってきて、どんなだったか話を聞くと、

・すごく滑る

・海に落ちたら近くにいた大人の男の人(係員ではない)が引き上げてくれた

・(うちの子)海に落ちた時、足がつかない程深くて怖かった

・(姉)30分で充分

だそうです。

 

「ラグナシアプール」 ラグーナビーチのトイレとロッカー事情♡

赤丸の部分がトイレです。

ビーチパークからすぐ近くだし、広くて綺麗なトイレでしたよ。

 

ロッカーは、海上ウォーターパーク受付横に有料ロッカーがあります。

貴重品は入れておいたほうがいいですが、写真も撮りたいので、皆さんスマホだけは持っているのでしょうか。

 

海上ウォーターパークに参加する人はロッカーへ入れたほうがいいですね。

これまでに、海中へ携帯を落として結局その携帯は見つからなかったという人がいるようですから。

うちは貴重品以外は浜辺にほったらかしでした。

 

「ラグナシアプール」 園内プール9つの楽しめる場所♡

海上ウォーターパークも終わり、次は園内のプールで遊びます。

来た道を信号も渡って戻り、再入場スタンプを見せて、ラグナシア園内へ。

 

とりあえずロッカーへ荷物を入れに行き、今度は浮き輪を引っ張り出します。

私と下の子が浮き輪に空気を入れる列に並び、他の人は先にプールに遊びに行きました。

 

皆の浮き輪に空気を入れ終え、どこにいるかと探しますがなかなか見つかりません。

やっと見つけて浮き輪を渡し、私と下の子は子供向けの「ジュラグーン」へ行きました。

 

引用:ラグーナテンボスHP より

ここは子供用に水深が浅くなっていて、下の子はほとんどここで遊んでいました。

最後には上の子もここで遊んでいました。(笑)

 

波のプールは皆好きですよね。
ちょうどの時間になると波が発生します。

 

流れるプールも皆大好き。
浮き輪に乗ってぼーっと進むのもいいですよね。
腕が筋肉痛になりますが。(私だけ!?)

 

ここは一番広いプール。
レンタル浮き輪に乗ってプカーっと浮かんでいる人が多いですね。
ビーチボールで遊んでいる人達もいます。

 

これ実は滑ったことありません。
存在自体を知りませんでした。
地図を見ると、ジェットコースターの方にあるようですね。
次回行った時滑ってみます。

 

ここは帰る前に入ることをオススメします。
一度入ったら、もうプールへは戻れなくなりますよ。(笑)

 

ちびっこに大人気のジュラグーン。

 

ここも知りませんでした。
こっちの方は行ったことがないので、今度行ってみます。
小さい子が楽しめそうですね。

 

一日に何回かある噴水ショー。
音楽に合わせて出てきて、とっても素敵ですよ。
プールのすぐ横で出るので噴水の水がかかりますが、水着だから大丈夫。
噴水の水を浴びるなんて何だか楽しいですね。

 

これも時間になると行われる水中エアロビクス。
一番広いプールのルナポルトで行われ、参加したい人は勝手に参加できます。
なかなかいい運動になります。

 

おわりに♡

うちはいつも前日から蒲郡の実家に泊まり、朝一番にラグナシアへ来て、お昼には帰ります。

無料休憩所もありますが、すぐ埋まってしまいます。

おしゃれな有料休憩所もいいですね。

 

今年は初めてビーチパークへも行き、海でも遊べて楽しかったです。

 

みなさんも是非、海の町蒲郡へ遊びに来てくださいね!

ABOUT ME
toshi
toshi
私の日々気になるもの、好きなもの、楽しみをつづっています。