ニュース

芦田愛菜15歳が天皇陛下へ送った約2分半の聡明な祝辞全文【動画あり】♡

こんにちは、toshiです!

 

 

11月9日(土)東京皇居前広場で、天皇陛下の即位を祝う「国民祭典」の祝賀式典が行われました。

各界を代表して、女優の芦田愛菜(あしだまな)さん15歳と、歌舞伎俳優の松本白鸚(まつもとはくおう)さん77歳が祝辞を述べました。

 

15歳の少女の堂々とした姿に注目が集まっています。

 

芦田愛菜 天皇陛下への祝辞全文♡

芦田愛菜さんは次世代を担う代表として着物姿で登壇し、

「謹んで申し上げます。天皇陛下御即位にあたり、心よりお祝いを申し上げます。また、このような記念すべき国民祭典にお招きにあずかり、お祝いと感謝を申し述べる機会をいただき、緊張しておりますが大変光栄に存じます」

 「即位礼正殿の儀での陛下のお言葉を拝聴し、日本、そして世界の平和に対する陛下の御心に心を打たれました。陛下は松尾芭蕉の『奥の細道』をお読みになったことがきっかけで『水』にご関心を持たれ、長きにわたってご研究をなさっているとお聞きしました。そして、水を通して世界のさまざまな問題を捉え、そのことが平和につながるとのお考えをお持ちであると知るに至りました」

 「私も大好きな読書を通じ、知識を得ること、そして、その知識を踏まえて行動に移す、そのことが大切であるのではないかと考えるようになりました。陛下の御心を受け、どんなことでも思い立ったことは、迷わず実行できるようになりたい、そう思っております」

「古くから日本に伝わる文化を大切にしつつ、あたらしい日本へと躍進していく、そんな時代になっていくことを、せつに願っております。最後になりますが、いつまでも両陛下がお健やかであられますようお祈り申し上げ、お祝いの言葉とします」

と伝えました。

 

芦田愛菜 天皇陛下への祝辞動画♡

とてもしっかりした中学生になられましたね。

マル・マル・モリ・モリ!の頃が懐かしいです。

芦田愛菜 天皇陛下への祝辞に対する国民の声♡

大人でも普段使わない言葉を使い堂々と話す芦田愛菜さんに対しネット上では、

・芦田愛菜ちゃん・さん・様・先生・プロ・・・あとは何とお呼びすればいいのかな

・芦田プロ、凛々しい

・芦田愛菜さんはやはり頭の良い娘ですね!堂々とした姿に感銘を受けました

・聡明で美しく、少しずつ大人の女性に近づいていますね

・これでまだ中学生・・・、驚きです

・大人になったらどんな言葉を使うのか

と、中学生とは思えない堂々とした聡明な態度に驚きの声が上がっています。

 

おわりに♡

年間300冊の本を読むという芦田愛菜さん、今回の祝辞は美しい言葉選びも注目されました。

女優という職業柄もあり、緊張しつつも約3万人という大勢の観衆の前で堂々した態度で祝辞を述べられる姿は、とても中学生とは思えませんでしたね。

 

これからの活躍にも期待が持てます。

ABOUT ME
toshi
toshi
私の日々気になるもの、好きなもの、楽しみをつづっています。