運営者情報

はじめまして、トシラヴィ運営者のtoshiです。

プロフィールをご覧いただきありがとうございます!

 

今は小学生と中学生の女の子2人のママをしながら、医療事務員としてパート勤務をしています。

結婚出産前も医療事務をしていましたよ。

 

現在私は40代なのですが、最近になって同年代の方から「肌綺麗だね」と褒められることが増えました。

しかし20代の頃の肌はヒドく、顔中ニキビだらけでかなり悩まされていたんです。

 

そんな肌が、どうして人から褒められるほど綺麗になったのか。

それには、ある「きっかけ」があったんです。

 

朝日を浴びる蓮の花

私が肌の事を気にし始めたのは、小学校高学年の頃。

学校のプールの授業後は、一人せっせと更衣室で化粧水+乳液というものを顔に塗っていました。

今考えると、ちょっとおませな小学生ですよね。

 

中学生になると、2歳上の姉はニキビがかなりヒドく通院したりもしていたのですが、私はおでこにできる程度でニキビで悩むという程ではありませんでした。

高校・短大時代も、特に深刻になる程の肌悩みはなく過ごしていました。

 

 

 

・・・ところが。

20歳の頃、何気なく見ていたテレビ番組で紹介された美容法を「これ良さそう。」と思い試したところ、顔中ニキビだらけになってしまったんです。

 

しかも、市販のニキビの薬を塗っても、ニキビに良いという食べ物を食べても、自分でできる事は何をしても全然良くならない。

当時私は栄養士になるため病院へ実習に行っていたのですが「そんなニキビだらけの肌はありえない」とでも言わんばかりの、現役栄養士さんからの冷た~い視線を浴び泣きそうになりました。

 

自分でも鏡を見るたび嫌な気分になるのに、自分以外の人まで不快にするニキビが本当に本当に嫌でした。

しかも、ニキビが出来過ぎて肌が荒れてヒリヒリ痛いんです。

 

 

そんなニキビを何とかしたいと思い、自分で色々調べてみました。

そして、もうこれはプロの手を借りるしかないと思ったんです。

 

その時はちょうど働き始めた頃で、少しならお金も何とかできました。

正直お金はキツかったけど、このニキビが少しでも良くなるならと決心しました。

 

私がいうプロの手というのはエステサロンの事なのですが、何せ田舎だったので車で隣の市まで行くことに。

しかもまだ20代、もちろんエステは初めてだったので「ちょっと怖いな、無理やり商品買わされたらどうしよう」と、なかなか申し込めませんでした。

 

その時私が選んだのは、名前なら誰でも聞いた事があるだろう大手エステサロン。

自宅まで来てエステをしてくれるという事をしていたので、一番最初は家族も一緒に住んでいる安心感のある自宅まで来てもらいました。

ただ自宅ではできる事が限られるので、2回程自宅に来てもらいそれ以降はサロンまで通うようになりました。

 

 

通い始めて2か月程で、あんなにヒドかったニキビがみるみる良くなっていったのには「今までの私の苦労は何だったの!?」と思う程でした。

もちろんちょっとお高い化粧品も買いましたが、価格を抑えるために必要最低限の小さいサイズのものだけ。

ニキビが良くならなかった原因は、ニキビに対する私の間違ったスキンケア方法だったんです。

 

エステサロンのお姉さんに、きちんとした「スキンケアの基本」を教えてもらったのが、ニキビが劇的に良くなった大きな要因でした。

教えてもらったスキンケアの基本は「摩擦を減らす」のと「保湿をしっかり」です。

それまでも基本は雑誌などを読んでできているつもりでしたが、実際教えてもらうとかなり違ってビックリしました。

 

 

やっている事は同じなのですが、一番違ったのは「力の入れ加減」です。

ニキビで敏感になっている肌には、化粧品を塗る際の摩擦も刺激になります。

 

 

やってみると難しいのですが、指が肌に触れるか触れないかのギリギリで化粧品を塗る。

塗り終えたら、優しくハンドプレス。

塗る時もゆ~っくり塗り、極力肌をこすりません。

 

 

洗顔の時も、しっかり泡を立てて泡のクッションで肌に手が触れないように洗います。

すすぎも手に水をためたら、そこに顔をつけるという感じ。

絶対に肌をこすりません。

 

すすぎ終えたと思っても、そこからさらに10回はすすぎましょう。

洗顔料が残っていると、それも刺激になります。

 

水の温度も大切で、熱すぎるお湯だと肌が乾燥してしまいます。

夏なら少し温かいかな、冬なら少し冷たいかなと感じる程度のぬるま湯、肌と同じ温度が適温です。

 

 

ちなみに、エステサロンへ通い始めてスキンケア用品を今の肌状態に合ったものに変える事をすすめられました。

(エステサロンなので、当然といえば当然ですが・・・。)

 

でも、クレンジングからクリームまで全商品一気に揃えるのは金額的に無理。

1つ選ぶならどれかと聞くと「クレンジングですね。」という答えが返ってきました。

 

それまでは、メイクを落とすクレンジングはどうせ洗い流してしまうのだからと、なるべく安いものを使っていました。

なので、このクレンジングが一番大切ともとれる答えには少しビックリしました。

 

 

オススメされたクレンジングはクリームクレンジング。

使ってみるとなめらか~でメイク落ちもバッチリ、でも洗い上がりは乾燥しないんです。

 

エステサロンのものは高いので、肌の調子が良くなってからは使っていませんでしたが、使用感のとても似たものに出会って以来、私はそれを使っています。

それがオルビスのオフクリームです。

通っていたエステサロンと同じ会社が作っているので、納得の使用感です。

(どこのエステサロンか分かっちゃいましたか!?)

 

水の巡りに着目したオルビスユーも愛用しています。

これを使い始めてから乾燥が気にならなくなったので、長いこと使っています。

続けやすい価格も魅力です。

 

 

振り返ってみると、やっていることは本当に基本的な事ばかり。

でもそれ以来、ニキビがたまにポツンとできることはあっても顔中にできて治らないという事にはなっていません。

 

そして、40代になって「肌が綺麗」と言われるのは、スキンケアの基本ができているおかげだと思っています。

きちんとした基本ができていると肌のバリア機能も上がり、肌が元気になります。

 

肌が元気だと、ニキビ以外の肌トラブルも減りいい事づくめです。

40代ともなるとシミやしわも気になるところですが、私は少ない方だと思います。

 

そして何より、肌が綺麗だと気持ちも明るくなります。

顔中ニキビだらけの時はあまり人には会いたくなかったし、一人でいる時も鏡を見ては自分の事を惨めに思っていました。

今思うと、自分で自分を嫌ってかわいそうですよね。

 

でもニキビってそれくらい精神的にダメージを与えるんです。

「ニキビがあっても全然平気!」と思えればそれに越したことはありませんが、なかなかそうもいきません。

 

毎日を明るく楽しく過ごすためにもスキンケアの基本を身につけて、ニキビをケアしていきましょう。

いつものやり方をほんのちょっと変えるだけで、肌は生まれ変わりますよ。

 

トシラヴィでは、色んなスキンケア用品をご紹介しています。

ここでお伝えしたスキンケアの基本を守って、お肌をやさしくケアしてあげてくださいね。

少しでも、ニキビに悩む方の力になれれば幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。